活動・取り組み

「看護の日」記念行事

 近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、5月12日に「看護の日」が制定されました。「看護の心をみんなの心に」をメインテーマとし、毎年この日を含む日曜日から土曜日までの1週間を「看護週間」としています。当院では、5月10日(月)~5月14日(金)で『検診について知ろう~健康寿命を延ばすために~』をサブテーマとして「看護の日」のイベントを行いました。

 今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、イベント内容はパネル展示のみとしました。がん検診・健康診断を身近に感じていただこうと、パネルの前にパンフレットを準備し、お持ち帰りできるようにしました。また、イベント中は、新型コロナウイルスワクチン接種をされたの方へ「看護の日」のロゴ入りのティッシュペーパーやウェットティッシュを配布いたしました。

 来年度はもっと市民の方々と触れ合える「看護の日」のイベントとなるように、一日も早く新型コロナウイルス感染症が終息することを職員一同祈っております。

 




<令和3年度サブテーマ>



<高血圧について>


 
<乳がん検診>


 
<前立腺がん検診>



<胃がん検診>



<大腸がん検診>



<人間ドック・検診>



 



<感染対策について>



 



<忘れられない看護エピソード2020年度>



<令和3年度看護部
新入職員紹介>