トップ > 病院のご紹介 > 平成29年度 光市立光総合病院 病院指標

ご来院のみなさま

平成29年度 光市立光総合病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
 
 

1.年齢階級別退院患者数   ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 4人 27人 27人 36人 88人 144人 436人 800人 666人 227人
 集計期間中に退院された患者さんの年齢階級別患者数です。
 当院では小児科の入院治療を行っていないことから0歳~20歳までの患者さんの割合は小さくなっています。
 また、地域の高齢化の影響から70歳以上の患者さんが全体の68.9%を占めています。


 

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)   ファイルをダウンロード

・内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 59人 28.00日 17.71日 13.56% 83.51歳
 
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 34人 30.56日 19.65日 8.82% 79.56歳  
04026xxx97x0xx 肺高血圧性疾患 その他の手術あり 手術・処置等2なし 20人 6.75日 15.31日 0.00% 61.50歳  
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 20人 7.20日 7.87日 0.00% 68.60歳  
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 20人 7.80日 9.06日 0.00% 64.20歳  
 内科で最も症例数が多いのは、心不全で入院された患者さんでした。それに続くのが間質性肺炎の患者さんです。どちらも患者さんの平均年齢が83.51歳、79.56歳と高齢で、平均在院日数は、全国平均を上回る水準にあります。以下、肺高血圧症・結腸憩室炎・虚血性腸炎が同数の20件で続きます。

・外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 83人 3.36日 4.47日 0.00% 70.75歳
 
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 49人 3.06日 4.38日 0.00% 67.59歳  
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置27あり 副傷病なし 15人 3.00日 4.88日 0.00% 73.00歳  
060210xx9710xx ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 14人 28.57日 25.39日 14.29% 65.14歳  
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14人 13.71日 7.40日 0.00% 59.14歳  
外科で症例数が多いのは結腸癌、直腸癌により化学療法をされている患者さんです。化学療法においては、短期入院を繰り返して行うケースが多く、手術を行う患者さんよりも入院患者さんの総数に占める症例数の割合が高くなります。

・整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人口骨頭挿入術 肩、股等 95人 45.73日 27.09日 16.84% 84.76歳
 
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む)手術なし 副傷病なし 46人 29.00日 19.94日 6.52% 79.96歳  
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2なし 20人 35.60日 19.97日 10.00% 80.65歳  
07034xxx99xxxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む)手術なし 17人 18.65日 12.67日 0.00% 70.59歳  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 16人 6.25日 5.21日 0.00% 54.31歳  
 整形外科においては股関節大腿近位骨折で手術をされた患者さんの症例数がもっとも多く平均年齢は84.76歳と非常に高くなっています。手術等の急性期の治療後も引き続き当院の地域包括ケア病棟にて治療を行っていることから、急性期治療後に他院に転院される患者さんの割合は低く、平均在院日数は長くなっています。次いで多いのが、胸椎・腰椎以下骨折損傷の患者さんです。

・泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21人 15.24日 12.23日 4.76% 76.81歳
 
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 15人 9.27日 12.34日 6.67% 69.07歳  
110070xx02020xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 14人 6.64日 7.64日 0.00% 79.00歳  
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 11人 10.64日 8.97日 0.00% 70.18歳  
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 7人 8.29日 8.94日 0.00% 76.43歳  
 泌尿器科で症例数が多いのは慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全の患者さんです。当院では末期腎不全患者さんに対する人工透析治療を行っており症例数が多くなっています。次いで多いのが尿路感染症・急性腎盂腎炎の患者さんで15件の症例がありました。膀胱腫瘍摘出術を受けられた膀胱腫瘍の患者さんがそれに続きます。

・眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx97x111 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全あり)手術・処置等21あり 副傷病あり 85歳以上 1人 36.00日 35.61日 0.00% 90.00歳
 
 当院では眼科の入院患者のほぼすべてが白内障手術をされる患者さんであるため、DPCコードの対象となる入院はほとんどありません。


3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数   ファイルをダウンロード

  初発      
  Stage Ⅰ StageⅡ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明 再発 病期分類
基準(※)
版数
胃癌 7 4 5 27 4 3 1 7版
大腸癌 3 9 13 120 13 65 1 7版
乳癌 0 6 2 0 1 3 1 7版
肺癌 1 0 2 11 1 1 1 7版
肝癌 1 0 1 10 3 6 1 7版
 ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院の外科及び内科において診断から手術まで取り扱う大腸がん、胃がんの初発患者さんが多くなっています。
それぞれのがんにおける初発時の最頻値のステージは胃がん:ステージⅣ、大腸がん:ステージⅣ、肺がん:ステージⅣ、乳がん:ステージⅡ、肝がん:ステージⅣとなっています。
再発の患者数については、再発後に化学療法で短期の入院を繰り返す患者さんが多く、一つ一つの入院をカウントするため患者数が多くなっています。


4.成人市中肺炎の重症度別患者数等   ファイルをダウンロード

  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 4人 19.75日 62.25歳
中等症 44人 14.68日 80.36歳
重症 19人 21.11日 83.89歳
超重症 11人 41.45日 81.18歳
不明 0人 0.00日 0.00歳
 重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数は、中等症の患者さんが最多で重症患者さん、超重症の患者さんがそれに続きます。軽症の患者さんの割合は5%、重症度5の超重症の患者さんは14%になります。重症度が高くなるほど患者さんの平均年齢も高くなる傾向にあります。


5.脳梗塞の患者数等   ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 8人 22.00日 80.50歳 40.00%
その他 2人 28.00日 82.00歳 10.00%
 当院においては脳神経外科での入院治療を行っておらず、脳梗塞の症例数は多くありません。患者さんの平均年齢は高齢で平均在院日数も比較的長い傾向にあります。


6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)   ファイルをダウンロード

・内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 16人 4.69日 16.75日 6.25% 84.06歳
 
K654 内視鏡的消化管止血術 15人 1.07日 20.33日 13.33% 71.80歳  
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 14人 2.71日 20.00日 0.00% 68.50歳  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 12人 4.33日 0.75日 0.00% 76.08歳  
K597-2 ペースメーカー交換術 8人 2.13日 8.50日 0.00% 83.13歳  
内科の入院患者さんにおいては、内視鏡を使用しての胆管狭窄や閉塞性黄疸に対して行われる胆道ステント留置術や、消化管止血術が多く行われています。ついで多いのが難治性胸水・腹水に対して行われる胸水・腹水濾過濃縮再静注法になっています。

・外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 33人 1.30日 5.06日 0.00% 69.88歳
 
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25人 2.48日 8.80日 0.00% 60.92歳  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 12人 4.75日 26.25日 8.33% 77.25歳  
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) 9人 3.78日 14.33日 0.00% 71.89歳  
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 8人 0.50日 7.50日 0.00% 57.25歳  
外科の手術においては鼠径ヘルニア手術が最も多く行われています。続いて胆嚢結石症、胆石性胆嚢炎に対して行われる腹腔鏡下での胆嚢摘出術が多く、5大癌において当院で初発のがん患者さんが最も多かった結腸癌に対する結腸切除術がそれに続きます。

・整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 84人 2.85日 42.06日 17.86% 83.52歳
 
K0811 人口骨頭挿入術(肩、股) 34人 4.21日 41.71日 20.59% 83.12歳  
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 20人 3.70日 20.40日 0.00% 64.80歳  
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 17人 4.06日 30.00日 5.88% 77.59歳  
K0463 骨折観血的手術(鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く)、足、指(手、足)その他 15人 3.20日 17.07日 0.00% 64.80歳  
整形外科の手術においては骨折観血的手術が多く、肩甲骨・上腕骨・大腿骨に対する手術が84件、前腕骨・下腿・骨手舟状骨に対する手術が20件、鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く)、足、指(手、足)その他に対する手術が15件行われています。人工骨頭の挿入術が34症例あり2番目に多くなっています。
 

・泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 39人 0.10日 1.18日 0.00% 70.85歳
 
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 20人 1.00日 7.85日 0.00% 77.75歳  
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 12人 17.67日 24.42日 16.67% 73.08歳  
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 12人 0.17日 1.00日 0.00% 55.75歳  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 7人 2.43日 3.29日 28.57% 71.57歳  
泌尿器科においては人工透析患者さんの内シャント拡張術・血栓除去術、内シャント設置術が多く実施されています。2番目に膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)が多く実施されています。

・眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 103人 0.29日 7.06日 0.00% 75.61歳
 
眼科では主に水晶体再建術を入院にて実施しております。


7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.04
異なる 10 0.41
180010 敗血症 同一 10 0.41
異なる 11 0.45
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.04
異なる 2 0.08
180040 手術・処置等の合併症 同一 48 1.96
異なる 4 0.16
 入院中に発生する代表的な合併症である播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症の症例数と発生率を集計したものです。入院契機が同一とは手術・処置等の合併症の治療を主に入院された場合で、入院契機が異なるとは入院時には別の病気であったが、入院後に後に合併症が発生し、その合併症の治療を主に行った場合を指します。当院においては処置・術後の合併症については入院契機病名と同一が多く、播種性血管内凝固症候群においては入院契機傷病名と異なる症例が多くなっています。