トップ > 診療科・部門 > 部門 > 医療関連感染対策室

診療科・部門のご案内

医療関連感染対策室

この部門の特徴

感染対策室

平成24年4月に医療関連感染対策室が設置されました。
患者さんや訪問者、医療従事者を感染から守るため、中心的に感染対策推進に取り組んでいます。

感染防止対策に関する取組み事項

感染防止対策指針

医療関連感染に関する問題を迅速に解決するよう現場をサポートし、患者及び訪問者、医療従事者の安全確保に寄与する。

 1.感染防止対策部門と組織による推進
    1)医療関連感染対策室の設置
    2)医療関連感染防止委員会
    3)感染制御チーム
      (1)医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師を含む多職種から構成
      (2)院内ラウンドの実施と指導
      (3)感染防止対策の中心的実践
 2.院内マニュアルの整備
 3.全職員を対象とした研修開催
 4.特定抗菌薬の届出制による抗菌薬適正使用の推進
 5.感染症発生状況の調査と対策実施
 6.院内および地域の感染管理相談
 

       
★ 院内ラウンド ★

現場を巡回し、感染対策の実践状況を確認しています。
現場とともに最善策を検討し、感染対策の推進に努めています。
 


★ 研修風景 ★
     
医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師が講師を担当し、専門領域を分担して企画と運営を行っています。実践やディスカッション形式を取り入れ、現場のニーズに対応した教育を目指しています。また、地域連携に積極的に取り組み、院外活動も行っています。
 
 
チームで結束し、感染対策推進に取り組んでまいります。