トップ > 診療科・部門 > 部門 > 医療関連感染対策室

診療科・部門のご案内

医療関連感染対策室

この部門の特徴

 医療関連感染対策室は、院内全体の感染管理を担う部署として設置されています。患者さんやご家族のみならず、ご面会の方々が安心して来院できるよう、また、医療従事者の安全確保も含め、組織的に感染対策を推進しています。
 医療関連感染対策室長(循環器内科部長)と専従の感染管理認定看護師を配置し、感染制御チームと協働で取り組んでいます。
       
       
  • 主な活動内容
 感染予防の啓発と、日常的に感染症発生の監視を行い、早期介入に努めています。流行性感染症の発生時は、拡大防止を徹底し、迅速な終息への対策を講じています。
 
 定期的に院内を巡回し、感染対策の実践状況を確認しています。兼任の感染管理認定看護師は、臨床現場の視点から、日常業務で見逃されやすい細部の対策確認を行いながら、質向上を推進しています。
 
 院内研修会を開催し、専門的視点で根拠に基づいた職員教育を行っています。実践研修やグループワークを取り入れ、現場ニーズに対応した教育を目指しています。
 最適な感染症治療と耐性菌の出現抑止のため、抗菌薬使用の適正化を行っています。また、抗菌薬使用のコンサルテーション(相談)に対応しています。

 手洗い体験による手指衛生の啓発、健康出前講座や施設訪問等を通じて、地域の皆さまとのふれあいの中で、感染予防への意識を高めていただいています。
     
 
  • 感染防止対策に関する取り組み事項
<感染防止対策指針>
 医療関連感染に関する問題を迅速に解決するよう現場をサポートし、患者および訪問者、医療従事者の安全確保に寄与します。
1 感染防止対策部門の設置
 当院は医療関連感染対策室を設置し、感染管理認定看護師を専従配置しています。また、感染防止対策加算1の届出を行い、地域の医療機関と連携して感染対策を推進しています。
2 感染制御チームによる感染対策の推進
 医師・看護師・薬剤師・検査技師で構成された感染制御チーム(Infection Control Team:ICT)を組織し、感染対策を推進しています。
 1)院内マニュアルの作成と改定
 2)全職員を対象とした院内感染対策研修会の開催
 3)感染防止対策加算1施設との連携
   年1回程度連携医療機関に相互に赴き、感染防止対策に関する評価を行い、連携医療機関へ内容を報告しています。
 4)感染防止対策加算2施設との連携
   定期的なカンファレンス(年4回程度)を主催し、院内感染対策に関する相談に対応しています。
 5)特定抗菌薬の届出制による抗菌薬適正使用の推進
 6)週1回の定期的な院内の巡回
   感染症事例や感染防止対策の実施状況の把握を行い、指導を行っています。
 7)サーベイランス(感染発生に関するデータ収集・分析)の実施
   厚生労働省院内感染対策サーベイランスに参加し、院内および全国の概況を把握して、院内感染予防や蔓延防止に努めています。