トップ > 診療科・部門 > 部門 > 医療安全推進室

診療科・部門のご案内

医療安全推進室

この部門の特徴

医療安全推進室は、麻酔科医師1名を室長とし、副室長1名、リスクマネージャー1名の計3名で構成されています。各職場のリスクマネージャーと協力し、安全な医療を提供するための活動を行っています。病院全体の安全対策を、総合的に管理・指揮する安全管理委員会と、具体的な事故予防策の検討を行う全部署の職員から構成された医療事故防止分科会を設置し、日々の安全管理に対応しています。

 

基本理念

  1. 安全性を確保した質の高い医療の実現を目指します。
  2. 患者最優先の医療を徹底します。
  3. 安全対策の構築に組織全体で取り組みます。

 

リスクマネージャーについて

医療事故防止分科会のメンバーが各部署に配置されており、安全管理の観点から、業務の監督・連携・指示の伝達・周知および、管理部門に対する改善措置の提案を行っています。
 

安全管理の取り組み

  1. 医療安全研修会を全職員対象に開催
  2. 医療事故防止分科会委員による安全対策事例発表会開催
  3. 新入職員対象オリエンテーション
  4. 安全ニュースレター発行による安全知識への啓蒙活動
  5. 月間目標を掲げ、安全目標の周知
  6. インシデントレポートの収集・分析・対策の検討
  7. 安全で質の高い診療・療養環境を提供するための環境の整備と調整
  8. チームSTEPPSについての勉強会開催
  9. 医療安全管理者養成研修受講修了者に対するブラッシュアップ研修の開催
  10. 事例分析法ImSAFERの実践